ロワール古城めぐり シャンボール城

今回のパリ滞在では、日帰りバスツアーを利用して、ロワール地方とブルゴーニュ地方を訪ねてみました。

私のフランス旅行ブログ、今日の記事は、ロワールの古城めぐりツアーの様子を紹介していきます。

ロワール地方は「フランスの庭」と呼ばれ、中世からルネッサンス期の古城が点在する美しい地域、ワインの生産地としても有名なところ、

そんなロワールで、最初に訪れたのはシャンボール城、広大な敷地に建つロワール地方最大のお城です。

シャンボール城

森を抜けて、お城の裏側に到着、ここから入ります、オープン時間より少し早めに着いてしまい、まだ門が閉まっている…この後、10分くらい待って入れました^^;

前から見ると、こんな感じ、迫力があります。

フランス旅行ブログ シャンボール城

シャンボール城は、16世紀初頭にフランソワ1世によって建てられ、あのレオナルド・ダ・ヴィンチも設計に関わっています。

ロワール地方の古城めぐりでは、まずシャンボールを見なければ始まらない、といった感じのお城で、圧倒的な存在感がありました。

お城の中心には、有名なダ・ヴィンチ設計の二重のらせん階段が、上りと下りですれ違わない構造になっています。

シャンボール 螺旋階段

この階段を登って行くと、屋根の上のテラスのような所に出られます。

間近で屋根の装飾を見ると、すごく細かく細工されているのが分かりました。

シャンボール城

おとぎ話に出てくるような世界観、ベルサイユ宮殿の豪華さとは、また違った雰囲気です。

こちらは、お城のテラスからの景色、朝なので霧がかかって幻想的。

シャンボール城

シャンボール城は庭も含めると、パリ市と同じくらい広さ、庭というか森ですね、王族や貴族が、森で狩りをするためのお城として建てられました。

パリからも、そんなに遠くないので、日帰りバスツアーを利用するのがオススメです。

私たちが参加したのは、マイバス社の日帰りバスツアーで、JTBなどで申し込みができます。

▶ パリ発のオプショナルバスツアー一覧

今回のバスツアーで訪れたのは、シャンボール城、シュノンソー城、クロ・リュセの3つ、昼食はワインカーブを利用した、面白いレストランで鴨料理とロワールワインを堪能しました^^

■ロワール古城めぐり関連記事
→シュノンソー城
→ちょっと変わったレストランでランチ
→クロ・リュッセ